自作PCにかける予算

自作PCはある程度パソコンに関する知識が必要になりますが、人件費がかからないこととパソコンの機能に縛りがないことから、自由にカスタマイズすることができます。通常、家電量販店の店頭やネットショップで販売されているパソコンは、スペック、HDD、そしてCPU、プレインストールされているOSやソフトがすでに決まっており、縛りがあります。プレインストールされている余分なソフトにはそれぞれにお金がかかっているのでその分パソコン本体の価格に上乗せされているのです。ホントはいらない機能やソフトでも、パソコン本体を購入することによって余分な機能やソフトにもお金を払っていることになります。

このようなムダを省くためには自作PCがお勧めです。自作のパソコンを作る場合は、パソコンに関する知識が不可欠です。かけられる予算が多ければ多いほど高性能のパソコンを自作することが出来るのは間違いありません。ネット掲示板を見ていると、相場は12万円から15万円となっています。自作PCのメリットとして、CPUやグラフィックボード、さらにはファンなどにこだわることができ、高性能のものを搭載することができ、自分仕様にすることが可能です。